インターネットのクラウドはとても便利であるが、きけんあり、不便なところもあるいろいろな機械で使える

インターネット環境のクラウドとは
Pagelist
インターネット環境のクラウドとは

インターネットのクラウドって大丈夫?

インターネットのサービスには、クラウドというサービスがあります。クラウドはインターネット上にファイルを保存できるというサービスです。クラウドサービスにはいろいろな種類があるパソコンでもスマートフォンでもいろいろな端末からそのサービスを利用することが可能であり、スマートフォンで、そのクラウドに保存したファイルはパソコンでも開くことができるそのため、USBメモリーなどの記録媒体を持ち運ぶ必要がなくなり、無線の環境があればどんなところでもそのファイルを開くことができるため、データを忘れるということはなくなる。

しかし、その便利なクラウドサービスにもデメリットがあり、インターネット上のサーバーに保存されるため、クラッカーに攻撃をうけたりした場合に、情報が流出してしまう可能性もある。また、攻撃をうけなくても、管理側が誤ってデータを消してしまうこともないとは言えない。なので、個人情報などは、クラウドに保存するのを避けたいところである。以上のように、便利な面も多くつかいやすいが、危険な面もあるのがクラウドサービスである。

そして、クラウドサービスは運営によってかわるが、容量の設定をされているサービスが多い。容量の設定をされているといっても平均して3GBほどの容量は無料で使えるようになっている。クラウドサービスには、無料のものも多く存在している危険な面も紹介してきたが、とても便利なサービスクラウドを使ってみてはいかがでしょうか?

Copyright (C)2017インターネット環境のクラウドとは.All rights reserved.